新しいサーフボードが気づかせてくれたいくつかのこと

2015.11.04 - COLUMN
01

「え、6’0”? そりゃ短いよ」

サーフボードを新調しようと2本もっていったうちの1本、トライフィンを見せたとき、工房の主である大御所シェイパーさん(以下、Yさん)は大きな声で言い放った。

「小山内、自分のカラダの大きさをもっと自覚した方がいいよ。カラダつきだけを考えればデーン・レイノルズのスペックだけどさ。向こうは世界のトップサーファーだからね。小山内は、週に1度いけるかどうかでしょ。楽しむことが何より大切で、それにはもっとサイズがあった方がいいよ」

そして「いま俺が使っているのを見せてあげるよ」とクルマから取り出してくれたのは、6’8”のクアッドフィッシュ。長さがある割に流線型のフォルムがシャープで、カッコイイのひとこと。ガンダムのモビルスーツや、スーパーカーといった、最先端技術が搭載された近未来的デザインを思わせるクリアなサーフボードに、男子ごごろがキュンッ、とうなってしまった。

自分の欲しいカタチを自分でつくりだし、海に持ち出してはサーフをたのしむ。それは欲しいおもちゃを自分でつくってたのしんでいるといってもいい。シェイパーとはなんとうらやましい仕事なのか。そう思わされてしまったら、サーフボードを熟知するYさんにすべてを委ねたくなってしまった。完全にマウントを取られたということである。

「長さはどうする?」「テールのかたちは?」「フィンの数は?」「色は? エアブラシやティント、ピグメントもあるよ」と次々に質問がやってくる。と同時に、同じく持参した今使っている6’6”のシングルスタビがお気に入りで、それをもうちょっと動くようなデザインが欲しい、というのが今回のオーダー内容であることを告げると、こんどはバリエーションある答えを用意してくれた。

「動きを出すためにノーズエリアをじゃっかんシャープにする。そのぶん幅を持たせて、あとはテールのカタチをどうするか。ラウンドでもスカッシュでもフィッシュでも、それは好みの乗り味次第で決めていいと思う。フィンはトライかクアッドがいいかな。違った乗り味をたのしみたいなら、クアッドがおもしろいかもよ」

さらに長さについても。

「小山内が使っているのは6’6”だけれど、もうちょっと長さを出してもいいと思う。6’8”とかね」

動きやすさを出すため「6’2”とか6’4”とかですかね」と短めのサイズをいうと、その言葉はくつがえされた。なるほど。きっとYさんの頭のなかには、すでに完成図があるのだろう。今使っているサーフボードのランディング感をイメージし、そこにリクエストの内容を組み合わせる。さらに僕のカラダの大きさ(178センチ、78キロ)を見て、スペックを出していく。

強制的にではなく、あくまでこちらの要望に対して、「こういう選択肢があるけれど、どうする?」といったスタンスでYさんは接してくれた。答えをこちらに委ねてくれつつ、決断に迷うと、「Aを選ぶとこういう感じ。Bだとこういう感じ」とヘルプを出してくれる。そうしてひと通りの会話が終わると、残っていたのはたのしみでしかなかった。仕上がってくるサーフボードそのものと、そのサーフボードをもって海へ行くことへのたのしみだ。

「どうせ冬はスノーボードにいって、あまり海へいかないんだろう?」ともいわれたが、いやいやどうして、新しいサーフボードはとても大きなモチベーションになってしまった。しかも、10月上旬に行ったフランスで波があたってしまい、ひさびさに緊張感のある波でサーフをしたことがサーフ熱を高めてもいた。

フランスのビアリッツ周辺ですごした滞在では、ここ数年の、ゆるくメローな波でのサーフィンばかりの日々にお灸をすえられたような、背筋がピンッとのびる波でのサーフタイムが多々。あ、もうちょっとちゃんとサーフィンしたいな。帰ったらサーフボードをつくろう。そう感じて、Yさんのところにやってきたのだ。

「そうか。だったらもっとサーフィンたのしくしてあげるよ。サーフィンは、キープ・パドリング、キープ・リッピングだからな」

未来に想像したたのしい時間はおわり、わくわくと、また違ったたのしさを噛みしめつつ帰路についた。待望のサーフボードは真冬にやってくる。日本の冬はいわれなくても寒い。寒いけれど、暖かい春までパドルアウトを我慢できる気は、まったくしない。

hanaiyusuke

RELATED POSTS

hanaiyusuke

MAGAZINE

unabara #002

UNABARA
#02

BEACH CULTURE
MAGAZINE!!

BACK NUMBER
present