放たれる光彩が室内をあかるく照らす、 熊崎浩さんの繊細なガラスワーク

2015.09.25 - TOPICS
01_SEASHORE

くるくるっと巻いていくチューブ波をモチーフとしたステンドグラスの作品は、奄美大島在住の作家、熊崎浩さんによるもの。熊崎さんは、自然豊かなアイランドで、海のリズムやサーフィンを通じて得るインスピレーションを大切に、創作活動をおこなっている。

奄美大島の豊かな時間のなかで暮らすことによって生まれるその作品は、たとえ都心の家屋でも海の風を感じさせてくれるクオリティ。しかもカスタムオーダーによってつくられるから、家屋のテイストにフィットした作品を飾ることができる。

壁面を大きく飾るアートや柔らかな光を生むランプシェード、さらには表札にいたるまで、多くの作品モチーフを手がける熊崎さん。インテリアにひとつあるだけで空気を穏やかにする繊細なガラスワークは、落ち着きある暮らしにぴったりのアイテムだ。

【問】SEA SHORE STAINED GLASS
www.sssglass.com

hanaiyusuke

RELATED POSTS

hanaiyusuke

MAGAZINE

unabara #002

UNABARA
#02

BEACH CULTURE
MAGAZINE!!

BACK NUMBER
present